本と天秤

交通事故に遭ったなら弁護士に相談するのが最善策

  1. ホーム
  2. 助成金の有効活用

助成金の有効活用

男性

活用のサポート役

ここ横浜市内をはじめ、日本の中小企業事業主が安定経営をしていくために、国から受けられるサポートとして、補助金や助成金があります。これらは申請により支給される返済不要のお金なのですが、中でも関心が集まっているのが、厚生労働省が主管している雇用関係の助成金です。この助成金は雇用保険料の事業主負担分を財源としており、支給要件にさえ該当していれば必ずもらうことが出来るため、活用しないと損なのです。しかし実際のところ、一部の企業しか活用できていないのが現状で、横浜市内の事業所も例外ではありません。そんな場合にサポート役として活用したいのが、社会保険労務士、すなわち社労士です。社労士は人事労務関係法令のスペシャリストで、助成金についても専門的な知識を有しています。それに企業の代理で助成金の申請手続きを行うことができるのは社労士だけです。そのようなこともあり、横浜市内には助成金申請を専門にする社労士が少なくありません。社労士による助成金サポートは、まずどのような助成金が受給できそうか、という診断から始まります。そして、受給できそうな助成金があれば、申請書の作成を社労士が行い、就業規則や賃金台帳といった申請に必要な書類を教示します。書類がすべて揃った段階で社労士が労働局などに申請を行い、支給が決定した段階で社労士に報酬を支払います。このような方法で、社労士は横浜市内の中小企業の助成金申請をサポートしています。