本と天秤

交通事故に遭ったなら弁護士に相談するのが最善策

  1. ホーム
  2. 廃業するためには

廃業するためには

スーツの人

清算する

会社を廃業するのにはいくつかの種類がありますが、いずれにしても清算しなければいけません。会社が廃業する理由は、自主的に解散するケース、資産に対して負債が大幅に上回り事業資金が捻出できずに破産してしまうケースがあります。自主的に解散するといっても、それが赤字による原因でもあれば、他社に買収され事業が譲渡されてしまうケース、さらに従業員が確保出来ずに事業そのものが遂行することが不可能になったケースなどが考えられます破産の場合には清算して会社そのものが消滅しますが、裁判所に企業再生を申し出れば支援企業を募ることができ、支援企業の支援によって会社を存続させることができます。いずれにしても会社清算をしてしまうことは、会社という法人格を消滅させる前の手続きになります。会社には資産と負債がありますが、会社清算する際にはこれらをすべて洗い出して処分することになります。会社を廃業する理由が赤字などによるものであれば負債が大きいため会社清算をしても残りませんが、黒字で廃業した場合や赤字で廃業しても資産が上回っているような場合には会社清算によって発生した、お金を出資者などに払い戻すことになります。いずれにしても会社清算をするには、定款などで定められている場合にはそれに沿って行う必要がありますが、それらがない場合には取締役が清算人に就任して精算手続きを行うことになります。ただ会計上の手続きを行う必要があるため清算人は会計士や弁護士などの専門家のアドバイスを受けながら行うことになります。