握手

交通事故に遭ったなら弁護士に相談するのが最善策

廃業するためには

スーツの人

会社を廃業させる理由はさまざまですが、自主廃業にしても破産するにしても会社清算を行う必要があります。会社清算を行うことで負債と資産を処分し会社としての法人格を消滅させることができ、会社を廃業させることができます。

法の定める上限金利

男の人

貸金業者からの借り入れを返済する場合に支払った利息のうち、利息制限法の金利上限を超えた部分を過払い金と言い、返還請求ができます。返還請求を弁護士等に委託する場合、例えば、貸金業者の所在地が大阪であっても、大阪以外に拠点を持つ弁護士でも対応可能です。成功報酬は返還金額の15%から20%程度が相場です。

助成金の有効活用

男性

中小企業事業主が経営に活用したい国からの補助金として、厚生労働省の雇用関係の助成金があげられます。中小企業が助成金を受給できるようになるためには、社労士を活用するのがベターであり、横浜市内でも多くの社労士が助成金のサポートをしています。

すぐに解決してくれます

事故現場

交通事故に遭遇した時は警察に連絡することが大切です。警察への連絡は事故処理に不可欠なので必ず連絡して現場検証を受けましょう。また軽微な事故でケガがない場合でも診察を受けることが大切です。その場では症状が出なくとも数日たってから痛みが出ることも珍しくありません。診察を受けていない場合は交渉が難航することもあるので早めに受診が大切です。交通事故の補償交渉は双方の保険会社を通じて行うのが一般的です。しかし歩行中の事故など相手側に一方的な非がある場合は、自身が加入する保険会社に交渉を依頼することができません。その場合は自分自身で相手側の保険会社と交渉することになります。しかし保険のプロを相手に個人で交渉するのは現実的ではありません。とくに自賠責保険の補償限度額を超えると保険会社の対応も強硬となってきます。そのようなときに頼りになるのが弁護士です。弁護士に依頼すれば交通事故の補償交渉もスムーズに解決できます。たとえば後遺障害が残った場合の交渉は専門性が高く正当な保証を受けることが難しいケースが目立ちますが、弁護士に相談すれば正当な補償を要求できます。交通事故で弁護士への依頼が必要になった場合は弁護士会に相談しましょう。弁護士会に相談すれば交通事故に精通した弁護士をすぐに派遣してくれます。弁護士に相談すれば事故の証拠集めから訴訟に至るまでをワンストップで代行してくれるので、よりハイレベルな交渉が可能となります。